レントコントロール

カリフォルニア州のレントコントロール 2020年

 

オーナーからの契約終了は、移転支援=1か月分のレントをテナントに支払うことが義務付けられています。(テナントが無過失の場合のみ)

 

レントの上昇が著しいカリフォルニア州では、その対策として州全体のレントコントロール(bill, AB 14820)法が2020年1月1日より始まりました。

 

対象となる不動産所有者

 

投資信託

企業 (有限責任会社を含む)

 

免除対象

 

個人オーナー(注:テナントへの免除対象の知らせ義務有)

 

レントキャップ

 

毎年のレントの値上げ率は「5%に各カウンティのインフレ率を加えた額」または「10%」のどちらか低い方に制限されます。

 

解約規制

 

オーナーはテナントとの賃貸契約を「正当な理由」がない限り、契約を終了することはできません。月々契約、リース契約の期間が完了しても更新しない場合は同じ扱いとなります。

 

正当な理由の例

大家またはその家族が入居

賃貸マーケットから外す

大幅なリモデル

政府命令の特別な順守

 

免除対象の例

居住期間が1年以内

2005年以降の建築

家賃の不払い

周りへの迷惑行為

賃貸物件の違法使用

大家の立ち入りの拒否

契約内容の重大な違反

 

2020年のレントコントロールについて主な内容を紹介しています。個々のケースについては、必ず専門のアドバイスを受けることをお勧めします。